WEB予約/オンライン予約はこちらから

さっぽろ糖尿病・甲状腺クリニック

甲状腺学会認定専門医施設
糖尿病学会認定教育施設III

スタッフブログ

2016.10.28

世界糖尿病デーイベントを企画しました

朝夕の冷え込みも厳しさを増してきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。冬が駆け足で近づいてきているようです。

さて、当院では、通院中の糖尿病患者様向けに第一回世界糖尿病デーイベントを開催します。

★世界糖尿病デーとは

11月14日の世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定し、2006年12月20日に国連総会において「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議(UN Resolution 61/225)」が加盟192カ国の全会一致で採択されると同時に、国連により公式に認定されました。11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、この日を糖尿病デーとして顕彰しています。

世界糖尿病デーは、現在、世界160カ国から10億人以上が参加する世界でも有数な疾患啓発の日となっており、この日を中心に全世界で繰り広げられる糖尿病啓発キャンペーンは、糖尿病の予防や治療継続の重要性について市民に周知する重要な機会となっています。

世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」が用いられますが、これは、糖尿病に関する国連決議が採択された翌年2007年から使われるシンボルマークです。国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズとともに、世界中で糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

(世界糖尿病デー実行委員会サイトより抜粋 http://www.wddj.jp/

糖尿病の基本的な治療となる「食事と運動」について、楽しみながら理解を深め、より健康で豊かな生活を過ごしていただくこと目的にイベントを企画しました。

イベントの内容は、

①低糖質麺、糖尿病宅配食などの試食会(協賛いただきました各メーカー様にはこの場を借りて深く感謝申し上げます)

②血糖値を測定し食事や運動の影響を実感する

③健康運動指導士による糖尿病への運動の効果、気軽に実施できる運動の紹介

等となっております。事前予約となっておりますが、若干の空きもございますのでご興味のある方はお問い合わせ下さい。

季節の変わり目です。お身体大切に実りある晩秋をお過ごしください。

 

~休診のお知らせ~

明日、10月29日(土)は休診となります。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

pagetop