さっぽろ糖尿病・甲状腺クリニック

甲状腺学会認定専門医施設
糖尿病学会認定教育施設III

糖尿病・甲状腺疾患についてよくある質問

2019.1.16

コーヒーが糖尿病に良いと聞きましたが本当でしょうか?

Qコーヒーが糖尿病に良いと聞きましたが本当でしょうか?

Aコーヒーが健康に良いという報告は沢山あります。コーヒー好きの筆者としては嬉しいかぎりですが、糖尿病治療薬の効果を判定する”治験”ように厳密な科学的検証をうけているわけではありません。

・2018年にイギリス人約50万人(平均年齢57歳)での10年以上の調査でコーヒーを沢山飲むと死亡リスクが低下すると報告されました1)。この効果はカフェインレスコーヒーでも変わらなかったので、ポリフェノールの血糖値や血圧を下げる効果や、抗がん作用が関連していると推測されています。
・以前から海外や日本の研究でもコーヒーを沢山飲むと糖尿病になりにくい傾向にあるとの報告がなされています。
・さらに2018年に22万人以上のノルウェー人の調査で、コーヒーの多飲がアルコール性肝疾患による死亡率の低下に関連すると報告されました2)

2019-01-16 12.10.28

・ちなみにこの報告ではビールは約2倍、蒸留酒は2.5倍に死亡リスクが上昇するもののワイン0.7倍程度に死亡リスクが減少すると報告されました。コーヒーとワインに共通するのも豊富なポリフェノールの含有になります。
・しかし同じく2018年の報告では過去の多くの論文を調べた結果、55歳未満またはアジア人の集団において、緑茶の摂取が空腹時血糖を低下させる可能性が示唆された一方でコーヒー、紅茶ではこのような報告はありませんでした3)

【まとめ】
コーヒーやお茶を沢山飲むと糖尿病の発症を予防したり、ある種の死亡リスクを減らす可能性はあるものの、血糖値を直接下げる効果はあまり期待できなさそうです。ブラックで飲まない場合には砂糖やミルクの血糖値への影響も考えなければなりません。

【参考】
1) Association of Coffee Drinking With Mortality by Genetic Variation in Caffeine Metabolism: Findings From the UK Biobank. JAMA internal medicine. 2018 Aug 01;178(8);1086-1097. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.2425.

2) Coffee and wine consumption is associated with reduced mortality from alcoholic liver disease: follow-up of 219,279 Norwegian men and women aged 30-67 years.  Annals of epidemiology. 2018 Nov;28(11);753-758. pii: S1047-2797(18)30539-8.

3)Effects of Coffee and Tea Consumption on Glucose Metabolism: A Systematic Review and Network Meta-Analysis.  Nutrients. 2018 Dec 27;11(1); pii: E48.

pagetop