さっぽろ糖尿病・甲状腺クリニック

甲状腺学会認定専門医施設
糖尿病学会認定教育施設III

糖尿病・甲状腺疾患についてよくある質問

2019.1.16

体重減量後の体重維持にはどのような方法が良いでしょうか?

Q体重減量後の体重維持にはどのような方法が良いでしょうか?

A体重減量後のリバウンドは半年以内に起こることが多く、半年以上減量した体重を維持するとその後のリバウンドを起こしにくくなります

・減量など自らの食生活や運動習慣を変える行為には“行動変容(ライフスタイルを望ましいものに改善する行為)”が必要です
・行動変容には段階があり、体重減量が成功した直後(半年以内)は“行動期”と呼ばれます
・この時期はまだその行動が安定しておらず、ちょっとした事がきっかけで体重維持を諦めてしまい体重が増えやすい状態です
・近年、減量後半年の低炭水化物食摂取でエネルギー消費量が上昇することがわかりました(図)

2019-01-16 11.59.54

・リバウンドの起きやすい“行動期”に低炭水化物食を摂る事で体重を増えにくくできる可能性があります
・ただしQ1の回答にも述べましたが、低炭水化物食を長く続けるのはリスクがあるため、減量成功後の半年間、期間限定でリバウンドの予防のために行うことをお勧めします

【まとめ】
せっかく成功した体重減量を維持するためには「あと半年頑張ろう」という期間限定の目標を立てると良いです。また短期間の低炭水化物食をうまく利用するのも効果的です。

【参考】
Effects of a low carbohydrate diet on energy expenditure during weight loss maintenance: randomized trial Ebbeling CB, et al. BMJ. 2018;363:k4583.

pagetop